世良公則 世良公則

PROFILE INFO MEDIA DISCOGRAPHY LIVE/EVENT

PROFILE

ミスターセラプロジェクト所属。
1977年11月25日シングル「あんたのバラード/世良公則&ツイスト」でデビュー。 シングル「銃爪」はオリコン1位を獲得し、TBS「ザ・ベストテン」において最 初のシングル年間1位を獲得。 その後「燃えろいい女」等ヒット曲を連発し、78年はシングル3作で計144.2万枚 をセールス。
1978年7月発売のデビューアルバム「世良公則&ツイスト」はオリコン1位を記録。 日本のロックバンドとしてアルバムが、チャート1位を記録したのはこのアルバ ムが初めてでロックをメジャー化するパイオニアとなった。

2015年自身のアニバーサリーイヤーを迎え、3ヶ月連続リリースを発表。8月音屋吉右衛門ライヴアルバム「オトコノウタ」、9月奥田民生作詞作曲による初のデュオソング「いつものうた」をつるの剛士とのコラボでリリース。10月には、世良公則監修の初のオフィシャルベストアルバム「Premium BEST Songs&Live~いつものうた~」をリリースした。

2017年、デビュー40周年を迎え、スペシャル野外ライブを発表。40周年スペシャルライブ 「「ReBORN」~タダイキヌクベシ~ 大阪野音」は、世良にとって同郷(広島県)の後輩にあたる吉川晃司のほか、斉藤和義、宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))押尾コータロー、NAOTO、つるの剛士、野村義男など総勢12名の“孤高のミュージシャン”が集結する“奇跡のRock'n Roll Show”を開催予定。10/14のこの公演は、すでに完全SOLD OUT。

また、10/11には、待望の新曲10曲を収録したオリジナルアルバムに世良公則60th ANNIVERSARY LIVEを全曲収録したスペシャルCD3枚組アルバム「Howling Wolves」をリリース予定。海外からダグ・アルドリッチ(ギタリスト/元ホワイトスネイク、現ザ・デッド・デイジーズ)、エリック・ゴーフェン(ヴァイオリニスト)が参加し、ギター野村義男、キーボードには、唯一のツイストオリジナルメンバー神本宗幸ら強力メンバーに加え、宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))、ヴァイオリニストNAOTOが参加した骨太のロックアルバムが完成。

ライブアルバムは、2016年2月福岡サンパレスで開催された「世良公則 60th Anniversary LIVE「Birth」~タカガウマレタヒ」に、豪華アーティストが駆けつけ 奥田民生、宮田和弥、つるの剛士らとツイスト時代のヒット曲をコラボ歌唱したプレミアム音源を全曲収録。